インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

患者さまのお気持ちを知ってこそ、より良い治療が提供できると考えています

私は患者さまとのコミュニケーションを重要視しています。患者さまのお考えを知ることでこそ、より良い治療が提供できると思っているからです。皆さまに気軽にコミュニケーションをとっていただけるように、まずは医院そのものに親しんでいただけるように努力しています。
スタッフは明るく、親しみやすい者ばかりです。そのおかげか、患者さまにとって居心地の良い歯科医院を作ることができたと思っています。お口のお悩みがありましたら、遠慮なくご相談ください。

いりべ歯科医院へまだ来たことが無い方へ紹介するとしたらどのように紹介されますか?

明るく、親しみやすいスタッフのいる歯科医院です。来たことがない方に言うのはなんですが、実際にご来院いただければ、その親しみやすさは肌で感じ取れると思います。とにかく温かい雰囲気がありますね。

診療のモットーについて教えてください。

自分自身が治療を受けたい、と思える医院を作ることです。そのためには、清潔で居心地の良い環境を整えることが必要だと感じています。
医療機関としてまず大切なのは、行き届いた衛生管理を行うことです。そこに力を入れてはじめて、患者さまをお迎えする準備が整うと思っています。そのうえで患者さまに医院に親しんでいただけるように、私たちは親切で丁寧な応対を心がけます。患者さまのご要望と、その背景を知ってより良い治療を提供するためにも、お話ししやすい雰囲気を作りたいですね。

子供・大人問わず、歯科医院が苦手な方はいらっしゃると思いますが、痛みへの配慮という点で気を付けていることを教えてください。

治療中はなるべく痛みを抑えるための工夫をしています。私が患者さまの立場なら、そうしてもらいたいからです。 まず注射をする場所に、あらかじめ麻酔を塗っておくことで、針の痛みをやわらげます。そのうえで電動の注射器に細い針をつけ、ゆっくりと一定の圧で薬液を流し込みます。そうすることで、麻酔注射の痛みをやわらげています。

わかりやすい説明について気をつけていることはございますか?

患者さまが治療の実態を、しっかり理解できるような説明を心がけています。そのためなるべく難しい専門用語は使わず、砕けた表現を用いるようにしています。
より直感的な理解をうながすために、患者さまのお身体をお借りすることもありますね。例えば動きのある状態を理解していただくために、お手をとって左右に振ってみることがあります。そうすることで患者さまの意識に「動く」という認識が、より強くすり込まれると思います。患者さまの印象に残るような説明をしたいと思っています。

ホワイトニング後に白さを長続きさせるためには、どういうことに気を付ければ良いでしょうか?

ワインやコーヒー、カレーなどの色の濃いものを口にされた後は、お口をゆすいでください。またホワイトニング後のお口を、清潔な状態に保つことも大切です。そのため、当院は歯磨き指導にも力を入れています。また、歯科医院での定期的なクリーニングも行っているので、必要に応じてご利用ください。

今後目指されている歯科医院像はありますか?

治療をする場所であるだけではなく、患者さまが歯の知識を学べる場にしていきたいですね。そのため待合室のテレビに、歯科治療の情報を流しています。患者さまのお口の健康にとってプラスになる時間を提供したい、と思っています。